茶入

抹茶を入れるのに用いる茶器全体を指し、狭義には棗に代表される木製茶器に対する陶磁器製の茶器を指す。蓋には象牙が用いられ、蓋の裏は金箔張りが施されていることが多い。現在では濃茶を入れる容器として特に「濃茶器」(こいちゃき)とも呼ばれる。一見シンプルな茶入小壺の、それぞれ微妙な個性に美しさを見出す点は茶の湯文化の際立った特異性となっている。

高取肩衝茶入径6.3×高9.5㎝
高取肩衝茶入径7.0×高10.5㎝
高取肩衝茶入

水指

茶道の点前で、茶釜に水を足したり、茶碗や茶筅をすすぐための水を蓄えておく器である。

高取足付水指
高取前押水指幅24.0×奥行17.0×高15.0㎝
鮟鱇形水指径16.0×高17.3㎝
高取管耳付水指

茶盌

日本の茶の湯では、季節や趣向に応じて様々な茶碗を用いる。茶碗の形状は、碗形のものが多いが、筒形や平形、輪形(玉形)、半筒、端反、沓形などがある。

高取掛分茶盌幅11.3×奥行10.5×高7.3㎝
高取黄釉茶盌径11.8×高8.0㎝
高取白柚茶盌
高取鉄柚茶盌
高取掛分茶盌
白柚天目茶盌
鉄柚天目茶盌

花入

花入(はないれ)は、茶席に飾る茶花を入れる器で、金属・磁器・陶器・竹・籠製のものなどがある。胡銅・唐銅や唐物青磁などを「真」、上釉のかかった和物の陶磁器を「行」、竹・籠・瓢や上釉のかからない陶磁器などを「草」とする。

のぼり鯉花入
高取筒花入径11.5×高29.3㎝
高取青釉流し四方花入幅10.0×奥行10.0×高29.0㎝
瓢花入径9.1×高25.0㎝
打出小槌花入

床の間に飾ったり、花を活けたりする比較的大きな器。一般的に丸い袋状の形態をもち、通常は、器体に頸の部分を伴う口縁部を持つ器のことを壺と呼ぶ。日本では縄文時代の早い時期に壺が現れており、甕(深鉢)とともに主要な器のひとつであった。

高取掛分釉流し壺径39.0×高39.0㎝
高取掛分釉流し壺径46.0×高37.5㎝
高取長石釉壺径34.0×高43.0㎝

高取焼の器は形に動きがあり、天然の材料が生み出す複雑な色や文様は美しい景色を作る。一見派手な景色が驚くほど食材を際立たせる姿は、遠州の美意識を感じさせる。近年西洋の食文化に向けてこの美意識を伝えるチャレンジをしている。

香るカップ径8.5×高8.3㎝
向付(瓢・巻・蛤・筆洗・沓)
荒土白釉丸皿幅20.0×高3.0㎝
荒土飴釉丸皿幅20.0×高3.0㎝
釉流し長板皿幅35.0×奥行15.0×高4.0㎝
カレー皿(小)/カレー皿(大)径22.0×高5.5㎝/径26.0×高6.0㎝
飴釉盃/盃台/鴨徳利径9.0×高4.0㎝/径7.5×高5.5㎝
幅18.0×奥行8.0×高10.0㎝

小石原高取の土は非常に特徴的だ。鉄分が多く、きめの細かい絹のような土は器だけでなく未知の可能性を秘めている。音の世界(スピーカー)で高音が特に美しいのも素材の特徴である。

高取スピーカー ブレス Type1幅33.0×奥行48.0×高41.0㎝